大阪の離婚に強い弁護士へのご相談なら|弁護士法人ALG&Associates 大阪オフィス

来所相談30分無料受付

離婚電話相談はこちら0120-979-039

離婚メール相談はこちら

24時間受付|全国対応

離婚累計相談件数

31,317

【H19年7月~H29年6月分まで】

弁護士法人ALG&Associates

来所相談30分無料受付 離婚電話相談はこちら 0120-979-039

メール相談する

ただ解決するのではなく本当に相談してよかったと思われるようなリーガルサービスを。

離婚による解決策

初めて離婚をご検討の方へ

慰謝料

財産分与

親権

養育費

別居したい

浮気・不倫の慰謝料請求をしたい方

浮気・不倫の慰謝料請求をされた方

メールでのご相談はこちら

来所相談30分無料で承っております。

詳しくはこちら▶

大阪支部 大阪オフィス

弁護士 長田 弘樹 大阪支部外観 大阪支部内観

ぜひ弁護士にご相談ください

電話で問い合わせる > 離婚相談の流れ

大阪支部長 弁護士 長田 弘樹

離婚や配偶者の不貞といった家庭内のトラブルは、当事者が近しい関係にあるからこそ、当事者だけで解決するというのが非常に難しいということがあります。また、相手方に対してどれくらい請求できるのか、最終的にどのあたりが着地点として最適なのかという見通しは、十分に経験を積んだ弁護士でなければよりよいアドバイスをすることができません。

大阪支部では10名以上の弁護士が、できる限り明確な見通しを示しながら、ご依頼者の方がどのように進めていけば最良の解決につながるかを、十分な経験を踏まえたうえでお伝えし、かつスピード感をもってフットワーク軽く動きます。そのような事件に対する取り組み方により、これまでのご依頼者の方々からは大阪支部の弁護士に依頼してよかったというありがたいお声をいただいております。担当の事務員もご依頼者に寄り添い、不安なお気持ちをできる限り取り除くように精一杯対応させていただきます。

また、昨今は父親側が親権を強く希望する案件が多くありますが、一般的には、父親側に親権が認められることが難しいと言われています。しかし、大阪支部では粘り強い交渉や適切な裁判手続を行うことで、いくつもの案件で父親側の親権を勝ち得ております。ご依頼者の方からは、本当に親権が取れるとは思わなかったと驚かれることもございます。

このように、大阪支部では、数多くの経験を積んだ弁護士がご依頼者の望む解決に向かって、ご依頼者と共に二人三脚で進めてまいります。時に不安なお気持ちになられた場合にも適切なサポートが可能であり、なるべく心理的な負担を軽減させながら、できる限り早期の解決を目指していきます。

ご依頼者の方にとっては、一生に一度あるかどうかといった大事なことですので、問題解決のパートナーを慎重に選ばれるべきですが、大阪支部の弁護士はそのパートナーとして最良であると自信を持って断言できます。

ぜひ一度、ご相談いただければと思います。よろしくお願いいたします。

ぜひ弁護士にご相談ください

電話で問い合わせる
弁護士法人ALG 大阪支部周辺のコインパーキングをお探しの方はこちら

大阪支部 〒330-0802
〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル801

事務所は大阪市北区曽根崎2-5-10にあります(北隣に露天神社がございます)。

最寄駅は【地下鉄谷町線 東梅田駅】【JR 大阪駅】【JR 北新地駅】となります。

【地下鉄谷町線東梅田駅からお越しの方】

7番出口を出て左に曲がり、そのまま約200m南進してください。左手に露天神社があり、その横が梅田パシフィックビルディングとなります。

【JR 大阪駅からお越しの方】

〔地下道・地下街をご利用される方〕

標示をご確認になって地下鉄谷町線東梅田駅までお越しください。東梅田駅に到着されましたら、東梅田駅からのご案内をご参照ください。

〔地上よりお越しの方〕

JR 大阪駅中央南口より出てください。目の前の横断歩道を渡って左へ曲がり、阪神百貨店を右手に進んでください。つきあたりまで来たところで、歩道橋を登らずにそのまま道沿いに右折していただくと、左手にSMBC日興証券の看板等がございますので、そのまま御堂筋沿いに約500m南進してください。梅田新道の交差点に着いたところで、左手の横断歩道を渡って左に曲がり、約20m進んでいただくと、梅田パシフィックビルディングがございます。

【JR 北新地駅からお越しの方】

改札を出て右に曲がり、そのまま直進してください。地上出口1144がありますので、階段を上って地上に出てそのまま約50m直進してください。正面に横断歩道がありますので、横断歩道を渡って左に曲がり、約30m進んでいただくと梅田パシフィックビルディングがございます。

ぜひ弁護士にご相談ください

電話で問い合わせる

オフィシャルアカウントを
フォローしませんか♪

このページのトップへ