田川市で離婚の慰謝料・財産分与・親権・養育費などは弁護士にご相談ください。|弁護士法人ALG&Associates

来所相談30分無料受付

離婚電話相談はこちら0120-979-039

離婚メール相談はこちら

24時間受付|全国対応

離婚累計相談件数

31,317

【H19年7月~H29年6月分まで】

弁護士法人ALG&Associates

来所相談30分無料受付 離婚電話相談はこちら 0120-979-039

メール相談する

来所相談30分無料で承っております。

詳しくはこちら▶ クリスマスイメージ

田川市で離婚の慰謝料・親権・養育費などのお悩みは弁護士法人ALGにぜひご相談ください。

来所相談30分無料

離婚累計相談件数31,317件【H19年7月~H29年6月分まで】

電話でお問合せ

24時間受付|全国対応

フリーダイヤルマーク0120-979-039

専任の受付スタッフが親切丁寧に対応致しますので、ご安心してご相談ください。

田川市で離婚問題でお悩みの方へ

離婚することによる解決策

離婚 慰謝料請求 財産分与 親権 養育費

あえて離婚しない解決方法/離婚後の養育費・面顔交流

離婚しないで別居する 離婚後の養育費・面会交流

浮気・不倫による慰謝料請求したい
または慰謝料請求されている

浮気・不倫の慰謝料請求をしたい 浮気・不倫の慰謝料請求をされている

養育費・婚姻費用の相場をシミュレート

養育費計算シミュレーター 婚姻費用分担請求シミュレーター

田川市で以下のような離婚のお悩みはありませんか?

離婚問題でよくある悩み

ぜひ離婚問題は弁護士法人ALGにご相談ください。
弁護士に依頼するメリットがあります。

弁護士法人ALGにご相談ください。

24時間受付|全国対応

弁護士法人ALGより離婚問題について0120-979-039

専任の受付スタッフが親切丁寧に対応致しますので、ご安心してご相談ください。

田川市のある離婚問題

私は田川市在住の41歳の男性で、妻は37歳で結婚歴は6年目です。

私の仕事は田川市内の建設業会社に正社員で勤務しており、妻はパートで週に3回、近所の飲食店で勤務しています。子供はいません。

私両親はすでに亡くなっていて、身近な親類もいません。妻両親は健在ですが、盆正月の年二回に挨拶に行く程度なので、あまり深い関係はありません。私と妻の二人暮しで、両親は別居という状態です。

実は妻との離婚を考えています。その理由は金銭面でのトラブルです。私の手取りは月35万、妻はパートで7万ほど稼いでいます。自宅は2DKの賃貸マンション住まいですが、家賃はさほど高くありません。食費は二人で4~5万程度と、特に贅沢はしていません。車は軽自動車を1台(私用)、妻は原付バイクを使っています。小遣いは私5万、妻3万です。

子供のいない状態なら多少なりとも貯金はしていける経済状況だと思います。家計の管理は妻に任せていましたし、それなりに貯蓄出来ていると思っていました。ところが貯蓄があるどころか、妻は借金まで作っていました。

借金理由は妻の買い物によるものです。ブランド物のバッグとかに20~30万ぐらい平気で使うのです。衣服も数万するものを普通に購入しますから、これじゃいくら稼いで来ても足りません。妻の小遣いから出しているのであれば文句は言いませんが、家計から出しているのです。しかも収入内では足りなくなり、とうとう消費者金融から借金までしていました。

発覚したのは、金融会社から督促状が来たからです。私としては結婚6年目ですし、貯金も500万程度はあるだろうと思っていたんです。しかし実際は貯金どころか200万ほどの借金を作っていて呆然としました。妻の年齢が20歳そこそこなら矯正も考えたでしょう。しかしアラフォーの妻がそう簡単に変わると思えません。そこで妻との離婚を考えたというわけです。

問題は離婚時の借金の振り分けです。生活を送る為に借金が必要だったというなら、妻の借金を分担するというもわかります。しかしこの借金原因は妻の散財によるものですし、私は何一つ恩恵を受けていません。私としては、借金は妻が己の為に作ったものなので、妻に全額受け持ってもらいたいと考えています。

しかし妻は夫婦での借金だから貴方(私)も支払って当たり前、収入差を考えれば大半は貴方が返済すべきだと主張してきます。しかも、私は離婚したいのに、妻は離婚したくないと意見も分かれています。離婚理由は妻の借金によるものなんですから、妻有責で離婚出来ると思うのです。

でも妻はそういうのではなく感情論で話をしてくるので、一向に話はまとまりません。妻との話し合いを毎日していて疲れましたし、田川市対応の弁護士に依頼した方がいいのではないかと考えるようになりました。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

オフィシャルアカウントを
フォローしませんか♪

このページのトップへ