離婚を決意したけど、子どもの事を考えるといますぐには…離婚成立までは別居生活をしたい!|弁護士法人ALG&Associates

来所相談30分無料受付

離婚電話相談はこちら0120-979-039

離婚メール相談はこちら

24時間受付|全国対応

離婚累計相談件数

31,317

【H19年7月~H29年6月分まで】

弁護士法人ALG&Associates

来所相談30分無料受付 離婚電話相談はこちら 0120-979-039

メール相談する

来所相談30分無料で承っております。

詳しくはこちら▶

離婚と別居生活

離婚を決意したけど、子どもの事を考えるといますぐには…離婚成立までは別居生活をしたい!

Point

  • 離婚に向けて別居生活をするメリットと、注意点
  • 別居時に配偶者に対して請求できるものはありますか?
  • それでも別居に踏み切れない方へ

離婚に向けて別居生活をするメリットと、注意点

離婚に向けて別居をすると、相手の顔を見ないで生活ができるので、ストレスを軽減出来ます。離婚問題が発生している夫婦は険悪になっていることが多く、同居していると喧嘩が増えてトラブルも起こりがちですが、別居をするとそのような問題が起こりにくいです。

また、親同士がもめていると子どもにも悪影響が及びますが、別居していると親が喧嘩しているところを見なくて済むので、子どもが落ち着くケースもあります。

夫婦が同居していると、お互いが感情的になって冷静に離婚の話を進められないことが多くなりますが、別居をすると冷静になれるので、離婚の話をスムーズに進められることがあります。

さらに、DVやモラハラなどの事案では、相手と同居していると被害が発生することが多くなりますが、別居をすると被害の拡大を避けられます。相手と別居することにより、自分を取りもどして離婚に向けて進んでいく力を取りもどしていくことが出来る人もたくさんいます。

ただし、別居をするとき、相手を見捨てて一方的に出て行くと、「悪意の遺棄」となってしまうおそれがあるので、注意が必要です。悪意の遺棄が成立すると、相手から慰謝料を請求されるおそれもありますし、離婚の際に不利になってしまいます。

特に、別居後婚姻費用(生活費)を支払わないと悪意の遺棄と評価される可能性が高くなるので、注意しましょう。

別居時に配偶者に対して請求できるものはありますか?

別居をするときには、配偶者に対して婚姻費用を請求することができます。婚姻費用とは、夫婦の生活費のことです。婚姻している夫婦には相互に扶助義務があるため、離婚するまでの間は婚姻費用を相手に支払わないといけません。この場合、収入が多い方の配偶者が少ない方の配偶者に婚姻費用を支払うことになります。

相手が一方的に出て行って婚姻費用を支払ってくれない場合には、まずは任意で支払いを求めると良いですが、任意での請求では支払ってくれない場合、家庭裁判所で婚姻費用分担請求をすることにより、婚姻費用支払いを求めることができます。

家庭裁判所では、夫婦の収入状況に応じて適切な金額の婚姻費用の基準をもうけているので、基本的にその金額に応じて婚姻費用を決定することができます。

夫婦が話合いによって婚姻費用の金額を決められない場合には、家庭裁判所の裁判官が、審判という手続きによって婚姻費用の金額を決めて、相手に支払い命令を出してくれます。

婚姻費用を請求出来るのは、基本的に婚姻費用分担調停を申し立てたときから離婚するまでの間なので、別居をして相手が生活費を出してくれなくなったら早めに婚姻費用分担調停を申し立てる方が、最終的に得られる金額が高くなり、得になることが多いです。

それでも別居に踏み切れない方へ

離婚前には別居をしてから離婚の協議や調停を行う方がスムーズに進むことも多く、精神的にも楽になることが多いですが、別居をするにもそれなりの覚悟がいるものです。離婚はしたいけれども別居に踏み切れない人も多いでしょう。このような場合には、別居をせずに離婚の話し合いをすすめることも可能です。

協議離婚なら、同居したまま自分達が家で話しあって離婚条件を決めることも十分可能ですし、離婚調停をする際にも、同居したまますすめることもできます。実際に同居のまま離婚調停をしている夫婦もいます。さらに、離婚訴訟をしていても同居している夫婦も中にはいるので、同居していると離婚ができないということはありません。

また、同居していると財産分与などの資料が集めやすいというメリットもあります。

離婚前に別居すべきか同居を続けるべきかについてはケースバイケースの判断が必要なので、自分ではなかなか判断がつかないこともあります。迷ったときには弁護士に相談してみると良いでしょう。

算定表を元にした婚姻費用計算シミュレーターはこちら

オフィシャルアカウントを
フォローしませんか♪

このページのトップへ